銀行おまとめローンなら西日本シティ銀行がおススメ!その独自のウリとは?

「おまとめローン」とWeb上で検索するとカードローン会社がたくさんヒットします。それだけニーズがあるからなのではないのでしょうか。そもそも、おまとめローンとは借入先をひとつにして返済を楽にすることがコンセプトです。

 

ということで、Web上に表示されるカードローン会社の宣伝文句には精神的な安定が根底にあります。その手段として、毎月の返済額が少なくなって資金繰りが楽になることにフォーカスする傾向があります。たとえば、利率を安くして、返済期間を延ばすと、毎月の返済額がいくら減少するのかを具体例な説明で分かりやすいです。

 

ところが、おまとめローンをまったく違う視点から精神的な安定をアピールしているのが西日本シティ銀行です。ポイントは2つあります。
@返済期間が長い点です。無担保型なら最長15年、不動産担保型なら最長20年であります。他行が10年ぐらいなのに比べると長いです。したがって、同じ借り入れ金額でも返済期間が長いために、毎月の返済額が少なくなります。
A申し込みができる年齢が満74歳。他行が60代までしか申し込みができないのに対して、お年寄りに配慮しています。

 

このように西日本シティ銀行は独自の路線で、おまとめローンのサービスを提供しています。

 

おまとめローンを利用するときの注意事項

数箇所からお金を借りる事で、複数の箇所に返済をしなければならなくなります。
これは月々の返済額が大きくなると言うデメリットも有りますが、返済する所が多くなる事で無駄になる事も在るのです。

 

お金を借りる場合は利息を支払いますので、その利息が一律では無い場合、借入先により返済額が代わります。
これを解決する一つの方法としておまとめローンが有ります。

 

このローンは、現在の借入先が複数ある場合などにおいて効力を持つローンと言えます。
但し、このローンを利用する場合は、現在の借入れ先での金利との比較をしてみて、安いか否かにより利用価値があるかどうかが変わります。

 

現在の借入れ先の中で、このローンと比較した際に、金利がローンの方が安ければ利用価値は有ります。
しかし、現在の借入れ先の方が金利が安ければ、このローンを利用する事で返済額が増える事になりますので、メリットにはならないのです。
これはローンを利用する上での注意点として覚えておく事が大切なのです。

 

尚、現在の借入れ先の金利が全て、このローンよりも高ければ、返済を行うところは一箇所にまとめることが出来ますので、月々の支払いにおける額などの管理がし易くなると言うメリットがあるわけです。

銀行おまとめローンなら西日本シティ銀行がおススメ!その独自のウリとは?

銀行おまとめローンなら西日本シティ銀行がおススメ!その独自のウリとは?

三井住友銀行カードローン

  • 金利:年4.0%〜年14.5%
  • 極度額:最高800万円
  • メガバンクである三井住友銀行のカードローンは、三井住友銀行の口座がなくても利用が可能。ネットで申込後、ローン契約機に行けば、誰にも知られずにカードローンを利用できます。
月々の返済額(借入額:返済額)
100万円:15,000円 200万円:25,000円 300万円:35,000円 400万円:45,000円
500万円:55,000円 600万円:60,000円 700万円:65,000円 800万円:70,000円

銀行おまとめローン 銀行おまとめローンなら西日本シティ銀行がおススメ!その独自のウリとは?

銀行おまとめローンなら西日本シティ銀行がおススメ!その独自のウリとは?

楽天銀行カードローン

  • 金利:年1.9%〜年14.5%
  • 限度額:最高800万円
  • 楽天銀行カードローンは年利1.9%からと業界最低水準の金利で、最短即日融資が可能。 入会で楽天スーパーポイントが1,000ポイントもらえます。
月々の返済額(借入額:返済額)
100万円:15,000円 200万円:30,000円 300万円:40,000円 400万円:45,000円
500万円:50,000円 600万円:60,000円 700万円:80,000円 800万円:100,000円

銀行おまとめローン 銀行おまとめローンなら西日本シティ銀行がおススメ!その独自のウリとは?