おまとめローンに通らない理由とその対策について

おまとめローンの審査に通りにくい理由とは

 

おまとめローンは複数の金融機関からの複数の借入を、一つの金融機関からの借入に一本化する金融サービスです。
おまとめローンを利用することによって、借入の管理が簡素化されますし、金利が下がるメリットが考えられます。

 

特に金利が下がるメリットは大きく、金利が下がることによっておまとめローンを利用するだけで総返済額を減らすことができたり、返済期間を短縮することが可能です。
おまとめローンは利用することができれば大きなメリットがあるといっていいでしょう。

 

しかし、大きなメリットもおまとめローンのサービスを提供する金融機関の審査に通ることができれば、という条件が付きます。
審査に通ることができなければいくら大きなメリットがあるおまとめローンも意味はありません。

 

そして、おまとめローンの審査は通常のキャッシングやローンの審査よりも通りにくくなっています。
おまとめローンが通りにくい理由はおまとめローンを利用しようと審査を受ける人がすでに多重債務者であるという事実があります。

 

もともと金融における信用度が低いために多重債務者になっている人に対して、複数の借入を一本化することによって大きな金額を融資するとなれば審査を厳しくせざるを得なくなっているのです。

 

おまとめローンの審査に通るためのいくつかの手段

 

審査に通りにくいおまとめローンですが、金融機関がおまとめローンのサービスを提供していることも確かです。
審査に通っておまとめローンを利用している人は確実に存在します。

 

おまとめローンの審査に通る人は、複数の債務を作った時点よりも金融における信用度が上がっている人です。
金融の信用度が上がっている人は具体的には収入が以前よりも増えた人や非正規労働であった人が正規社員になった人などが考えられます。

 

複数の債務を作った時点よりも金融の信用度が変わらないという人や金融の信用度が下がっているというような人は銀行が提供しているおまとめローンよりも審査が厳しくないと言われている消費者金融が提供しているおまとめローンに申し込むことを考えましょう。

 

それにおまとめローンの審査は多数社の借入があればある程審査に通りにくいと言われていますので、自分の借入状況をしっかりと把握して多くない金額の借入を優先的に返済して借入をしている金融会社の数を減らしてからおまとめローンに申し込むという方法もあります。

 

それでも、おまとめローンの審査に通らないという場合には金融機関から返済が難しいと判断されていることでもありますから、おまとめローンよりも債務整理を検討するべきかもしれません。

 

おまとめローンに通らない理由とその対策について

おまとめローンに通らない理由とその対策について

三井住友銀行カードローン

  • 金利:年4.0%〜年14.5%
  • 極度額:最高800万円
  • メガバンクである三井住友銀行のカードローンは、三井住友銀行の口座がなくても利用が可能。ネットで申込後、ローン契約機に行けば、誰にも知られずにカードローンを利用できます。
月々の返済額(借入額:返済額)
100万円:15,000円 200万円:25,000円 300万円:35,000円 400万円:45,000円
500万円:55,000円 600万円:60,000円 700万円:65,000円 800万円:70,000円

おまとめローン,比較 おまとめローンに通らない理由とその対策について

おまとめローンに通らない理由とその対策について

楽天銀行カードローン

  • 金利:年1.9%〜年14.5%
  • 限度額:最高800万円
  • 楽天銀行カードローンは年利1.9%からと業界最低水準の金利で、最短即日融資が可能。 入会で楽天スーパーポイントが1,000ポイントもらえます。
月々の返済額(借入額:返済額)
100万円:15,000円 200万円:30,000円 300万円:40,000円 400万円:45,000円
500万円:50,000円 600万円:60,000円 700万円:80,000円 800万円:100,000円

おまとめローン,比較 おまとめローンに通らない理由とその対策について