おまとめローン最大のデメリットは、新たな借り入れができなくなることです。

おまとめローンのデメリットで最大のものは、新たな借り入れができなくなることです。
厳密にいうと借り入れが完全にできないというわけではありませんが、基本的にはしないほうが良いです。

 

おまとめローン契約後は、なぜ新たな借り入れができないのか?

おまとめローンは、複数社からの借り入れを1社にまとめることによって、将来的な利息額を減らす、月の中の返済回数を減らすことなどによって、金額面だけでなく、精神面・身体面でも楽になるというメリットがあります。
おまとめローンの本質は、利用者の借金を減らすためにまとまったお金を貸すということです。

 

もし、おまとめローン後に新たな借り入れを行った場合、お金を貸した側から考えると何を考えているんだ、信頼を裏切られたということになります。
この場合最悪のケースとして、金融機関から一括返済を求められる場合もあるようです。

 

どうしても新たな借り入れが必要になった場合は?

致し方ない理由で、新たな借り入れが必要になる場合もあると思います。
そういう場合はおまとめローンを契約している金融機関に、利用限度額の増額の申し入れの相談を行ってください。
必ず増額してもらえるとはいえませんが、ある程度の返済実績があれば、他の金融機関に申し込むよりは審査を通過しやすいようです。

 

新たな借り入れができなくなること以外のデメリットは?

おまとめローンのデメリットで最大のものは、新たな借り入れができなくなることですが、その他にデメリットはないのでしょうか。

 

総支払い額が高くなる場合があります

おまとめローンのメリットの1つとして、金利が低くなり、総支払い額が少なくなるという点があります。
しかし、金利が低くなったからといって返済期間を長くしてしまうと、かえって総支払い額が高くなるケースがあります。

 

おまとめローンを契約する前には、それぞれの金融機関の借り入れと金利から総支払額を計算し、おまとめローンを利用した場合と比較することが重要です。
このシュミレーションで大事なことは、理想で行うのではなく、本当に返済できる額でシュミレーションすることです。

 

審査が厳しい

おまとめローンとして利用する場合、その審査はその他のカードローンと比べて厳しいといわれています。
それはおまとめローンを申し込む人の多くは、多重債務者だからです。

 

金融機関として最も避けなければならないリスクは、返済されないという貸し倒れです。
したがって、審査が非常に厳しくなります。
銀行より消費者金融の方が審査に通過しやすいと言われていますが、消費者金融でも審査は厳しく行われているようです。

 

おまとめローンのデメリットにはどのようなものがあるのか?

おまとめローンのデメリットにはどのようなものがあるのか?

三井住友銀行カードローン

  • 金利:年4.0%〜年14.5%
  • 極度額:最高800万円
  • メガバンクである三井住友銀行のカードローンは、三井住友銀行の口座がなくても利用が可能。ネットで申込後、ローン契約機に行けば、誰にも知られずにカードローンを利用できます。
月々の返済額(借入額:返済額)
100万円:15,000円 200万円:25,000円 300万円:35,000円 400万円:45,000円
500万円:55,000円 600万円:60,000円 700万円:65,000円 800万円:70,000円

おまとめローン,デメリット おまとめローンのデメリットにはどのようなものがあるのか?

おまとめローンのデメリットにはどのようなものがあるのか?

楽天銀行カードローン

  • 金利:年1.9%〜年14.5%
  • 限度額:最高800万円
  • 楽天銀行カードローンは年利1.9%からと業界最低水準の金利で、最短即日融資が可能。 入会で楽天スーパーポイントが1,000ポイントもらえます。
月々の返済額(借入額:返済額)
100万円:15,000円 200万円:30,000円 300万円:40,000円 400万円:45,000円
500万円:50,000円 600万円:60,000円 700万円:80,000円 800万円:100,000円

おまとめローン,デメリット おまとめローンのデメリットにはどのようなものがあるのか?